貸付仲介サービスmaneoの仕組み

maneoは運営開始から10年目の、比較的新しいソーシャルレンディングサービスです。
今回は、maneoの特徴と利用するメリットと注意点について、解説したいと思います。

そもそも、ソーシャルレンディングサービスとは、一体どういうものなのでしょうか?
ソーシャルレンディングとは、いわゆるクラウドファンディングの一種です。
クラウドファンディングは、インターネットを介して資金を募るサービスのことで、このうちソーシャルレンディングというのは、 お金を貸したい人とお金を借りたい人をマッチングするサービスのことを言います。
資金を募って投資を行う、投資型のクラウドファンディングとは内容が異なりますので注意が必要です。
あくまで資金の貸付けが目的になります。

普通なら登録をしていない個人で融資事業はできない法律の決まりがありますが、仲介業者が入りクラウドファンディングという形で投資をすることでそれが可能になります。
自己資金の運用先を探している人は、これ以上ないサービスかと思われます。
利回りも高いので、銀行に預けるよりも大分リターンが大きいですので、安全かつ効率よく利益を得られるサービスです。

また、貸付ということになりますので、融資の際には担保が設定される案件もあります。
不動産系の案件は、担保が設定されている可能性が高いのでそういった案件を狙って投資をすれば、いざという時に債権を行使できますので安心です。
ただ担保が設定されているのにしても、元本保証がされているわけではありませんので注意が必要でしょう。
元本保証がされていないということは、万が一事業者がデフォルトを起こした場合 債権の一部しか返ってこないということになります。

リスクが完全にゼロというわけではないので、投資をするのであればそれを踏まえた上でやらなければなりません。
これは他の金融商品でも同じことが言えますので、投資をこれから始める人は知っておくべきことかと思われます。
投資系の金融商品で元本が保証されているものは普通はありませんし、法律でも元本保証をしてはいけないことになっています。

ただ、maneoの場合は、保証会社を間に挟んで投資を行う案件や、ローリスクローリターンでゆっくり稼いでいく案件もありますので、リスクを抑えた投資をすることが可能です。
投資をしてみたいけど、株やFXは不安だという人は、まずはmaneoのような、ソーシャルレンディングにチャレンジしてみるといいでしょう。