maneoの稼げて安全な案件の選び方

最近投資家の中で話題の、ソーシャルレンディングというサービスをご存知でしょうか?
maneoというサービスが、その中でも注目され始めています。
このmaneoは、設立から10年目のソーシャルレンディングサービスで、平均利回りが7%以上の案件を運用しているサービスです。
ここでは、maneoで取り扱っている案件の、損をしない選び方について解説したいと思います。

maneoで取り扱っている案件は、大まかに分けて3種類あります。
一つは、一番ローリスクでミドルリターンを狙える不動産担保付きローンファンドというものです。
不動産に担保設定を設けて融資者が、事業者に対して貸し付けるタイプの案件です。
不動産が担保になりますので、万が一事業者がデフォルトしても、債権を行使して回収しやすいというのが特徴です。
最初に始めるのにおすすめなのが、このタイプの案件だと思われます。

次はもっと安全性の高い、保証会社がつくタイプのファンドです。
仮に事業者が不渡りを出した場合でも保証会社が元金を保証してくれますので、安心して運用することができます。
その代わり、利回りが各種案件の中でも一番低いというのが難点です。

最後はメガソーラープレミアムローンファンドと言って、太陽光発電の事業に投資をするタイプの案件です。
太陽光発電事業を行う事業者に対して、年利何パーセントかで資金を貸付けます。
通常なら何千万円もしくは何億円もする投資になりますが、少額から始めることができるのもmaneoの良い面でしょう。
募集上限に達すると、運用開始となります。

その他いろいろなタイプの案件が登録されることがありますので、口座開設をした後は、自分が投資する案件を慎重に選んでいくといいでしょう。
基本的にはどの案件もmaneoの運営会社に所属するプロが選んだ案件のため、審査を経て登録されています。
不渡りリスクが非常に少ない案件が多いため、投資家は安心して資金を預けることができるでしょう。

ただし、元本保証がされているわけではないので、その点においては注意が必要です。
元本保証がされていない金融商品やサービスは、預けたお金が目減りするリスクがあるということを認識しておかなければなりません。
それを認識した上で、 投資するお金は絶対に余裕資金である必要があります。
無理のない投資を心がければ、いざ損をした時でも生活が困窮することはありません。
ソーシャルレンディングを上手に使って、安全な資産運用を目指しましょう。