maneoは本当に安全な投資先?注意点は?

新感覚のソーシャルレンディングサービスmaneoは、最近注目を集めていますが注意点がいくつかあります。
ここではmaneoのサービス内容を紹介すると共に、サービスを利用する際の注意点について取り上げてみたいと思います。
maneoの基本的な仕組みは、ソーシャルレンディングと言うサービスが主体となっています。
ソーシャルレンディングとは、事業者と融資者をつなぎ合わせるサービスのことで、このサービスを利用することで、銀行を通さずに融資のやり取りをすることができます。

このサービスの最大のメリットは、小口に分けて貸付ができるということです。
一番安い案件で一口1万円から案件に対して投資をすることができます。
投資したお金は、あくまで事業者への貸付資金ということになりますので、不動産であれば担保が設定され、投入したお金の保全性を確保してもらうことができます。

一般的な投資型の金融商品とは違って、融資という一面が強いサービスになっています。
これまで利益を目的としてお金を融資する際には、貸金業の許可が必要でしたが、maneoに口座開設をすることで、資格を持っていなくても、好きな案件を選んで資金を貸付けることができます。
これは今話題のサービスとなっていて、利用者は年々増加傾向にあります。

なぜそんなに注目を集め始めたのかというと、他の金融商品と比べて安定して運用をすることができるからです。
運用利回りは大体7%が平均的で、100万円を預けると年間で7万円の利益を受け取ることができます。
元本保証はされていませんので確実にこの金額が受け取れるわけではありませんし、事業者がデフォルトを起こすと各債権者によって資産が分配されますので、元金割れを起こす可能性があります。
それらを踏まえた上で他の金融商品と比べても、ローリスクかつミドルリターンの利益が狙えるため、投資初心者の人でも安心して、預けた資金の運用を運営会社に任すことができます。

口座開設をするには、maneoの公式ホームページで投資口座開設をクリックして必要事項を入力していきます。
事業資金を借りる場合は、別途審査をしてもらう必要があります。
まずはログインIDとパスワードを作成してからアカウント設定して、投資家登録を行います。
口座開設は、それが終わった後の必要事項と本人確認書類のデータ送付で完了となるため、 20分ほどで全ての入力ができるかと思われます。
非常に手軽に口座開設ができますので、気になる人はぜひmaneoの口座開設をやってみましょう。