maneoを始めるメリットとは?

最近では、インターネットで事業者と資金提供者がマッチングされるサービスが流行しています。
ソーシャルレンディングサービスと呼ばれるものなのですが、その中で特に注目されているサービスがmaneoというサービスです。
maneoで取り扱っている案件は非常にメリットが多く、安全性の高い条件の案件がたくさん募集されています。
その中でも不動産系の案件は、不動産自体を担保に設定されますので、事業者側に何かあった時でも、担保権を実行することができるようになります。

そんなmaneoを始めるメリットは、銀行に預けるよりも高い金利での配当を受け取ることができるということです。
銀行に預けた場合だと普通預金だと雀の涙以下の金利しかつきませんし、定期預金で預けたとしても金利が知れています。
ところがmaneoの案件に投資すると、平均して約7%以上の利回りが期待できます。
これは100万円を貸付けした場合に、1年間に約7万円の利息が帰ってくるということです。
3年間運用した場合だと、21万円の配当金を受け取れることになります。
融資する元金が大きければ大きいほど、受け取れる配当金が大きくなりますので、かなりリターンの大きい投資先だということが分かるかと思います。

そんなmaneoで資金提供の募集がされている案件は、飲食店のフランチャイズ開業資金や不動産の取得資金、分譲住宅建設費用などの、事業性の高い融資の募集のみとなっています。
どの案件も、maneo株式会社が審査を行い、審査に通過した事業者のみが、ローンファンドとして融資の募集を開始することができます。
投資家側の立場としては、通常なら、事業者に対して融資を行い継続的な利益を得るためには貸金業の登録をしなければいけませんが、maneoを仲介業者に挟むことで、それでの登録などは一切なしで融資を行うことができるようになります。

これまでの投資とは少し違った感覚のサービスになります。
あくまでも融資という形での資金提供になりますので、 貸し手側には債権があります。
債権を保有していると、万が一の時にその権利を行使することができますので、投資した金額に応じての分配率で元金の一部が返ってきます。
これまでハイリスクハイリターンの投資で勝てなかった人でも、比較的安全に、そして安心して資産運用ができるのではないでしょうか。
口座開設も極めて簡単な手続きのみでできますので、この機会にmaneoのサービスをもっと詳しくチェックしてみましょう。